ショパン ノクターン第二番 解釈

ショパンのノクターン第二番の解釈やテクニックについて

あの有名なショパンのノクターン第二番の解釈やテクニックについてまとめています。これまでの経験を元に意識すべき細かい点などにも触れています。参考にしていただければと思います。

ショパンのノクターン第二番の解釈やテクニックについて記事一覧

ショパン【ノクターン第二番】op9-2の解釈について

次はかの有名なノクターン二番についてのお話をしていこうかと思います。ノクターン二番の最初のあまりにも有名な旋律は、誰でも一度は耳にしたことがあるなではないでしょうか。あの優雅で美しいメロディーは一度聞いたらなかなか頭から離れませんよね。それでは説明を始めたいと思います。まずは難易度ですが、この曲は一...

≫続きを読む

ショパン【ノクターン第二番】op9-2の解釈その2

それでは早速ノクターン第二番の解釈、弾き方について話していこうと思います。細かく説明する前に、まず右手と左手で全体として注意することを言っておきたいと思います。まず右手ですが、この曲は終盤を除きすべて単旋律です。単旋律はメロディーに和音が絡んでこないので簡単と思われがちですが、一つだけの音でメロディ...

≫続きを読む

ショパン【ノクターン第二番】op9-2の解釈&テクニック

1,ショパン ノクターン第一番 op9-1について その@ 用語の説明こんにちは。今回はショパンのノクターンについて書かせていただきたいと思います。ノクターンの一番は全体として短調で哀愁のある美しいメロディーが特徴でショパンの二十数十曲の中でもかなり有名な部類であると同時に、個人的に私の一番好きなノ...

≫続きを読む

スポンサードリンク